近年、訪日外国人の増加や、2020年東京オリンピック・パラリンピック、ワールドマスターズゲームズ2021関西、2025年日本国際博覧会協会(大阪万博)など大規模な国際イベントの開催を控え、誰にとっても分かりやすいサインシステムの重要性が増しています。国内の交通事業者においても、外国語を併用したり、ナンバリングを採用するなどの動きが見られます。また、ダイバーシティやインクルージョンの重要性が叫ばれる中、様々な障がいを持つ人に対する配慮もなお一層不可欠の状況になっています。  そこで本フォーラムでは、専門家による多面的なアプローチによって、より便利で分かりやすいサインシステムのあり方について考えます。


日時・会場

  日 時 2019年11月22日(金)13:30~17:00(開場13:00)

  会 場 ホテルニューオータニ ザ・メイン アーケード階(地下1階) 「おり鶴 翔の間」

      (東京メトロ銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅 D紀尾井町口から徒歩3分 ほか)

 

プログラム

1.講演(13:35~15:10)

  ①「公共交通においてサインが果たす役割~人の心理に着目して~」(仮)

    桐谷 佳惠 氏(千葉大学大学院工学研究院准教授)

  ②「視覚サインをデザインする」(仮)

    赤瀬 達三 氏(黎デザイン総合計画研究所代表)

  ③「聴覚サインをデザインする」(仮)

    向谷 実  氏(株式会社音楽館代表取締役社長)

  ④「日本語を母語としない人のためのサインのあり方」(仮)

    本田 弘之 氏(北陸先端科学技術大学院大学教授)

  ⑤ 話題提供:「海外大都市におけるサインシステム」(仮)

    渡邉 亮(一般財団法人交通経済研究所情報センター主任研究員)

 

2.パネルディスカッション(15:25~16:55)

  「これからの時代に求められるサインシステムとは」(仮)

  《登壇者》

    桐谷 佳惠 氏(千葉大学大学院工学研究院准教授)

    赤瀬 達三 氏(黎デザイン総合計画研究所代表)

    向谷 実  氏(株式会社音楽館代表取締役社長)

    本田 弘之 氏(北陸先端科学技術大学院大学教授)

    青木 真美 氏(同志社大学商学部商学科教授)

 

お問い合わせ

・参加をご希望の方は、申し込みフォーム(Googleフォーム)または FAX(03-5363-3115)にてお申し込み下さい。

(先着順:定員になり次第、受付を締め切ります。)

※お問合せは、フォーラム事務局(℡:03-5363-3102 e-mail: forum@itej.or.jp)まで。