基本理念・指針
平成28年5月20日 制定

基本理念

当法人は、産・官・学を結ぶ懸け橋として、社会経済の変化等に対応した、陸・海・空の交通経済・経営・政策に関する調査・研究を行い、交通のあり方を展望・提言することにより、日本の交通の発展を通じて社会に貢献します。

 

指針

1 事業経営及び政策立案に資する調査・研究を通じ、あるべき交通の姿を学術的な見地から
  追求します。
2 交通の課題解決と発展に貢献しうる有益な発信を行います。
3 交通資料の蓄積・公開を通じ、研究者や交通に関わる人材の育成に貢献します。